当ブログについて(はじめに)

当ブログは、管理人の趣味や日々のどうでもいいことに関する偏執的な考察をのらりくらりと述べるものです。趣味のボードゲーム和訳以外の実用性は皆無ですので、過度の期待をしたり、記載されている内容について憤激の巨人と化して荒らしまわるのはご遠慮ください。逆にネタにされかねません。

また、各記事にはたいてい広告がついてきていますが、管理人の本意ではありません。無料プランの宿命なので、その悲しきさだめに涙してあきらめてください。

以上のことをまずはご理解いただき、ご自由に当ブログ内を徘徊閲覧ください。

雑感「オリンピックにおける金をとりたい人々」

タイトルを「キンをとりたい人々」と読んで、「ああ、アスリートの大多数はそうでしょうよ」と思った人は一般的な感性の持ち主である。一方で「カネをとりたい人々」と読んだ人は人間的に少し問題のある感性の持ち主である可能性がある。もちろんおれは後者である。

政治と宗教の話はSNSでは禁物という言葉があるが、オリンピックの話は極めて政治的な内容であるくせに、さまざまなところで語られていて、オリンピックの開催以上に先の言葉の存在意義が危ぶまれる昨今である。

まあそんなことはどうでもいい。

オリンピック、パラリンピック(以下、オリパラと呼ぶ。)は正直どうでもいいが、この騒ぎを傍から眺めて感じたことを書く。

続きを読む

ゲームの雑感「“名作RPG”に関する5chスレからの考察1 名作とは何か」

ゲームに限らず何らかの創作物の評価について常につきまとうのは名作、駄作といった論争である。もちろんその論争の土台にすらあがらないものも無数に存在するのだが、知名度が高いものであればあるほど、そうした論争の的にさらされる可能性は高まる。今回は5chのスレで興味深い議論(5chという特性上、自分の考えの押し付け合いではあって議論とは程遠いが…)があったので、今回はそのスレから名作とは何かを考察していきたい。

続きを読む

気まぐれゲーム記録「ファミコン版ドラクエ3 最小必須アイテム縛り ~完~」

前回はバラモス討伐とそれに付随して起きた悲しい出来事についてレポートした。最終回の今回は一気にゾーマ打倒といくつかの検証について行った。前回までの内容は下記リンクを参照されたい。

cteam.hatenablog.com

cteam.hatenablog.com

cteam.hatenablog.com

 

cteam.hatenablog.com

続きを読む

気まぐれゲーム記録「ファミコン版ドラクエ3 最小必須アイテム縛り ~3~」

前回の冒頭で触れた衝撃の事実が判明する今回はバラモス討伐までをレポートする。本縛りプレイの概要とこれまでの内容については下記リンクを参照されたい。

cteam.hatenablog.com

cteam.hatenablog.com

cteam.hatenablog.com

続きを読む

気まぐれゲーム記録「ファミコン版ドラクエ3 最小必須アイテム縛り ~2~」

最小必須アイテム縛りという名称にちょっと違和感を感じ始めたが、プレイを進めるうちに衝撃の事実が発覚したので、まあこのままのタイトルでいいかと思い直した今日このごろ。皆様はどのようにお過ごしでしょうか。今回はやまたのおろち征伐までを報告する。なお、本縛りプレイの概要と前回については下記リンクを参照されたい。

cteam.hatenablog.com

cteam.hatenablog.com

続きを読む

気まぐれゲーム記録「ファミコン版ドラクエ3 最小必須アイテム縛り ~1~」

ようやく魔法使いがレベル35になり、アリアハン大陸を脱出できたので、まずは報告しよう。プレイできなかった期間も含め、ここまで実に3ヶ月以上かかった。以下、アリアハン脱出までのダイジェスト。

続きを読む

気まぐれゲーム記録「ファミコン版ドラクエ3 最小必須アイテム縛り ~序~」

しばらくブログの更新が滞っているが、年度末という非常に忙しい状況であることはもちろんだが、ちまちまとFC版ドラクエ3をプレイしているからである。ドラクエ3自体は何週もしているが、なんとなく思うところがあったため、プレイにあたっていくつかの条件、いわゆる縛りを設けてしまったために、えらく進行が遅くなってしまった。というわけで、ファミコンドラクエ3最小必須アイテム縛りの1回目、縛りプレイの内容と条件について述べていきたい。

続きを読む